CAM-POST カスタム ポストプロセッサ ICAM VM ICAM PSE CAM-POSTツール 会社概要
ICAMコントロール エミュレータ
ホームへもどる


ICAM コントロール エミュレータCE)は、MCD(Machine Code Data)を読み込んで、グラフィック マシン シミュレータ Virtual Machine の上で、NCプログラムをシミュレートします。
プログラマが想定した工具パスをシミュレートする従来のAPTベースのシミュレーションとは異なり、CE ではポストプロセッサによって実際に生成されたMCD(NCコード)に対してマシンがどのように応答するかを検証します。
CE は、ICAM社のポストプロセッサ開発ツールである CAM-POST と完全に一体化されています。そのため CE でも、マクロのトレース、呼び出しスタックステータス、ステップごとの入出力制御、NC変数の監視・修正など、CAM-POST から継承した先進的な機能を利用することができます。
CE Main Window 01
マシン軸のオーバートラベルやマシン・工具・ホルダ・フィクスチャ・パーツ間の干渉を検出すると、その状況が Virtual Machine の中にグラフィカルに表示されます。
仮想コントローラのタイムラインを使って、任意の時間範囲でなんどでも、マシンの動きをリプレイすることができます。
CE Main Window 02
CE のパンフレットは ここ をクリックしてください。
ここをクリックして、ビデオファイル(ZIP圧縮 約13MB)をダウンロードすることができます。
解凍して、Adobe Flash Playerが組み込まれているインターネットブラウザでご覧ください。

Copyright (C) 2002-2016 Matrix Corporation All rights reserved.